2012年03月31日

3月31日

3月31日

曇り、午後から雨。でも暖かった一日。

 北海道教区青年キャンプも3日目。ワークも2日目です。約半分がリピーター。上中島あたりでは吉野先生を含めて顔が売れてます。彼らに会いたいという方々も多く、本日の午前は上中島仮設のお宅訪問を行いました。今回で4回目の釜石ボランティアになる大町君は小貫(そ)君と鳴海さんを率いHさん宅を訪問。続いている交流を今回も温めることができました。吉野先生は小貫(り)君と齋藤君とチームを作りSさん宅を訪問。吉野先生とSさんも長い付き合い。いろいろとお話しをしてきたようです。久末さんは高橋さんと宮崎さんを率いてKさん宅とSさん宅を訪問。たくさんお話しをお聞きしたそうです。

 ボランティアが個別に交流を続けることは素晴らしいことです。ボランティアが一人ひとりの被災者をお支えする一つの形です。これが広がっていくといいですね。

 午後は2チームに分かれてのミッション。吉野先生チームは甲子の仮設で座布団配布。第7弾座布団プロジェクトの留守宅分の配布を行ってきました。

 私のチームは佐須を訪問して集会所用の座布団をお届けしてきました。それからセンター常連のSさん宅を訪問。お茶っこしてきました。

 センターは午前が田光先生、午後が田光先生と久末さんのコンビでした。お天気が悪く人が少ない土曜日でした。でもゆっくりお話しができた日でもありました。

 夕方には名古屋より池住さん・ケイティーさん・それに加藤主教様がお越しくださいました。楽しく夕食を共にすることができました。感謝。

3,31.jpg

本日の来訪者は7名。

 

日本聖公会 釜石被災者支援センター 海老原祐治

posted by kamaishibase at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月30日

3月30日

3月30日

晴れ。20度近くまで気温が上がった、半袖陽気の一日。

 本日は北海道青年キャンプワーク初日。初日のミッションは靴下カバーの配布でした。今日も丁寧に一軒ずつ戸別訪問です。午前は松倉サッカー場仮設、午後は昭和園仮設を訪問しました。松倉サッカー場はセンター常連も多く、座布団プロジェクトも行っている仮設です。暖かく迎えていただきました。3チームに分かれての配布でしたが、みなさんお呼ばれしてよい交流が行われました。

3,30.JPG

 午後は昭和園仮設です。我々があまり関わっていない仮設です。上中島や天神と同じように初期にできた仮設で、高齢者と子供を持つ家庭が多いところです。春休み中とあって子供たちが元気に遊んでいました。ベンチに座ってそれを見守る高齢者の方も。春の陽射しの中でそんなおばあ様とベンチでおしゃべりしました。靴下カバーを差し上げるとお喜びくださいました。お話しが進むとちょっと深刻な話も。でもお会いできたことを喜び合えたと思います。細やかなリレーションが行われたのなら幸いです。

 戸別訪問を定期的に行うことによって気になる世帯の見守りができます。サッカー場仮設ではそんな世帯の様子をチェックすることができました。一安心。いただき物でポケットをいっぱいにして戻ってきた青年たち、ご苦労様でした。

 センターは今日も多くの方がお見えになりました。超常連、最近の常連、はじめての方、いろいろです。田光先生・向井さん、お疲れさまでした。

 夕方はまた幼児学園に。今日もいっぱい遊んできました。

 本日で園の調理室でお働きくださった田中さんが離釜です。一か月の長いお働きご苦労様でした。感謝。

本日の来訪者は17名

posted by kamaishibase at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

3月29日

329

晴れ。本物の春の陽気だった一日。

 花粉が飛び始めました。杉です。見渡せばそこらじゅう杉だらけ。大変なことになています。思い起こせば私が杉による花粉症を罹患したのが10歳のとき。それから苦しみ続けて数十年。札幌移住でその苦しみから解放されたのが約10年前。嫌な予感がありました。そこらじゅうが杉だらけなのはわかっていました。私の身体に杉花粉に対する耐性が復活していることを祈ってましたが、その祈りは聞き入れられなかったようです。鼻水が止まりません。目が痒くてたまりません。もう嫌です。北海道に帰りたいです。

 本日は幼児礼拝の日です。年長のゆり組さんたちにとって最後の礼拝です。こみあげてくる涙を必死で我慢するのが精いっぱい。またお世話になった先生が退職しました。いつもその方の笑顔に癒されていました。とても寂しい気持ちです。

 午後はゆり組さんと最後の行事。いっしょに上中島仮設を訪問してきました。雛祭りでお世話になった方々にお礼とご挨拶。もうこの子たちと手をつないで歩くこともないのだと思うとせつなくて。いろんな思い出が蘇ってきました。釜天さんありがとう。みんなのためにえびはらさんは頑張るよ。

 今日は朝8時からミニ視察ツアーがあったりして忙しい一日でした。京都Jsキャンプのメンバーが午前に離釜しました。本当に豊かな感性の若者たちで、こちらもいい刺激を受けました。先ほど仙台到着の連絡をもらいましたが、まだこれからも長い旅路。安全を祈ってます。ご苦労さまでした。

 入れ替わりで午後2時前に北海道教区の青年が到着です。オリエン後に視察へ。それからまた幼児学園に。引率の吉野先生は有名人です。お帰りを遅らせた園児もいました。園はいつものように大変な騒ぎです。若いお兄さんお姉さんが大好きな釜天たちは今日も汗だくで遊びました。

 センターは午前が向井さんと北海道メンバーの宮崎さん。午後は吉野先生が担当でした。今日も盛況です。

 1か月の滞在を終えた下澤さんが今日離釜しました。園での働きの合間でセンターの仕事もお手伝いくださいました。ありがとうございました。

 本日の来訪者は15人。

 

日本聖公会 釜石被災者支援センター 海老原祐治 

posted by kamaishibase at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

3月28日

338

 午前は小雨、それから徐々に良いお天気になった一日。久しぶりに二けたの気温になりましたが、あまり暖かさを感じませんでした。

 京都教区Jsキャンプも早いもので3日目。本日は仮設訪問を行いました。北海道岩見沢のぬくもり届け隊のみなさまが縫ってくださった靴下カバーを今回も配布です。いつも大変喜ばれるのですが、今日も笑顔がたくさんこぼれました。今日は平田の仮設にお邪魔しましたが、談話室では編み物愛好家の方々の集まりがありました。みなさん興味深々。見本が欲しいというので、いつもより多めに差し上げてまいりました。北海道と京都の力が重なったいい支援活動が今日も展開されました。

 3,28.jpg

 午後の配布作業が終わってからは幼児学園で釜天と交流するチームと上中島仮設のDさん宅を訪問するチーム、そして夕食のお好み焼きの準備チームに分かれて行動。園ではすっかり人気者で、一瞬でもみくちゃ状態。またDさん宅でも楽しい時間を過ごしたようです。

 夕飯のお好み焼きはさすが関西人。間違いない味でした。ついつい箸が進み食べ過ぎに。ベルトの穴が一つ減っていたのにおそらく元に戻った感じです。

 センターは午前が林先生・田光先生・向井さん。午後が向井さんと下澤さんがご担当。ご苦労様でした。また本日で林先生が離釜しました。大変お世話になりました。感謝いたします。また石坂先生も離釜でした。いろいろありがとうございました。

本日の来訪者は10

 

釜石被災者支援センター 海老原祐治

posted by kamaishibase at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

3月27日

327

晴れ、のち曇り。時々雨。よくわからない天気の一日。

 いよいよ京都教区Jsキャンプがボランティア開始です。ファーストミッションは写真洗浄です。それから近所の被災した本屋さんの依頼で教科書の搬入作業を行いました。

 まず写真洗浄ですが、今日も本郷からお預かりした写真その他を洗浄しました。最近の籠は写真以外の物もけっこう混ざっています。はがきや手紙の類、切手帳、書類、その他にも様々な物が入っています。みなさん本当に丁寧に洗浄してくださいました。

 10時半から私を含めた3名が教科書の搬入作業をお手伝い。教科書の詰まった重い段ボールを車に積み込み釜石商工高校に運び、販売する教室に運びます。我らがセンターでは珍しい力仕事。私にはそれなりに大変な作業でしたが、若い力にはオチャノコサイサイです。あっという間の出来事でした。

 センター業務は写真洗浄と並行して行われました。担当は林先生。写真洗浄を行っていると来訪者が少ない傾向がありますが、今日はたくさんの来訪者がありました。今日の特徴は常連さんが多かったこと。名簿を見るとほとんどが知った顔。みなさんそれなりにくつろいでお過ごしのようでした。

 写真洗浄を終えてからキャンプメンバーは神愛幼児学園を訪問。ギターとフルートで「ドレミの歌」を披露。園児たちと楽しく歌いました。それから楽しい踊りも。慣れない肉体労働をした私は踊りをあきらめ手拍子で参加。神愛の釜天(釜石の天使の略)たちの元気さには京都の若者もびっくりの様子でした。

 3,277.jpg

 さて私は東京からお越しになった石坂司祭をお連れして神愛教会と釜石の仮設見学ツアーに行ってきました。仮設住宅がどのような立地に建てられているのか、どのようなタイプがあるのか、どのような方が入居されているのかご説明させていただきました。

 今日もみなさまご苦労さまでした。

本日の来訪者は14名。

 

日本聖公会 釜石被災者支援センター 海老原祐治27日

posted by kamaishibase at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

3月26日

326

晴れ。朝は晴天、でもお昼前から横殴りの雪が降った一日。

 本日は上中島仮設での足湯でした。向井さん・林先生・田光先生・それにハルママがお働きくださいました。今日も多くの方々が楽しまれました。ご苦労様でした。

 私は久しぶりに午前は一人センター業務。たくさん被災者の方々とお話しが出来ました。でもたぶん今日の私はしゃべりすぎだと思います。反省。

 午後は下澤さんが応援でセンター業務に参加。細々したことを片付けてくださいました。感謝です。

 3時半過ぎに京都教区Jsキャンプ@釜石のメンバー11人が到着。釜石市内のミニ視察を行いました。25日の夜に深夜バスで京都を出発して仙台からレンタカーという長い道のり。大変お疲れさまでした。そしてあしたからよろしく。

 今日はすいませんがこのへんで失礼します。

本日の来訪者は14名。

 

日本聖公会 釜石被災者支援センター 海老原祐治

posted by kamaishibase at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。