2012年04月30日

4月30日

4月30日

花曇り。暖かい日。本日は、何かと慌しく一日が過ぎていきました。

午前中は、宮田さんと加藤さんで、留守宅に座布団をお届けしました。宮田さん、加藤さんは聞き上手。

手縫いの座布団をお渡ししながら、じっくり戸別訪問でいろんなお話しを伺ったようです。

震災のこと、介護のこと、体調のこと、話しは尽きず多岐にわたる。

 

午後は、ある仮設の出来たばかりの談話室に、コーヒーカップ&ソーサーを提供するため、

お届けに伺って、副会長さんとお話し。出来たばかりなので、まだ談話室としての備品が揃っていません。

明日はその談話室で、お茶っこを初開催いたします。手作りケーキを副会長さんが楽しみにしています。

 

センターでは、常連のMさんのズボンのすそ上げを、お客さんのOさんがしてくださいました。

「わたしも恩返しに何かしたいわ。裁縫ならできるから、必要があったら、言ってね」

偶然、すそ上げが必要なMさんと、Oさんがセンターに居合わせて、実現。

センターは、そんな風に釜石人の相互扶助の場、コミュニティの場となることもあります。

すそあげ.JPG

 

ボランティアで、アーティストの青木さんには、映画上映会で使用する立て看板のための、

モビール(割り箸と毛糸の立体物)を製作していただいています。

立て看板の製作をお願いして、単純に絵を描くところから始まらないのが、アーティストですね。

どんな立て看板ができるのか楽しみです。

立て看板作り.JPG

「森聞き」のイメージ??

誰もがみんな、賜物を携えて、このセンターを訪れてくださいます。

 

岩手日報.JPG

本日の岩手日報の記事。釜石市佐須漁港の新船のお披露目があったようです。

大漁旗とともに勇壮な光景。佐須の漁師で常連のSさんが本日いらして、

「こんどは俺の船だ。そしたら、お披露目に呼んでやる」とのこと。

以前に、新しい船ができたら、乗せてもらう約束をしていました。

 

仮設で網の手入れをしている人がいて、わたしは長らくその方と二人で話しこみました。

明後日がウニの解禁日。震災依頼、その方は初めて漁に出るそうです。腕が鳴る、腕が鳴る。

去年から秋刀魚、鮭&イクラ、鮑、ワカメの収穫が終り、次はウニ。

三陸の豊かな自然と共に歩む人々の暮らしが、いつもそこここに溢れています。

 

本日の来訪者は、10名。

釜石被災者支援センター 向井清子

posted by kamaishibase at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月29日

4月29日

429

晴れ。感覚的には真夏日のような一日。炎天下の中での炭熾しは大変でした。

 本日は松倉の仮設でのお花見会。お花見といっても桜がまったくない仮設です。でもお花見会。

 ちょっと補足情報。釜石に限らず仮設住宅には桜の木がたくさんあるところが多いのですが、それは市の土地、つまり廃校になった学校の校庭や児童公園などに仮設が設置されているからです。見事な桜に囲まれた仮設がいくつもあります。しかしすべてがそういうわけではありません。川っぺりの資材置き場のようなところや、元畑の荒地のような場所もあります。今日の仮設もそのような場所に立地した仮設です。ですから桜どころか敷地内には花らしい花はありません。

 でもとても見事なお花見会になりました。自治会がしっかりと企画し、我々はそのサポートです。具体的には椅子・机・シート・鉄板・その他の貸し出しと、ジンギスカンなどの寄付、あとは当日の諸々のお手伝いです。会長・副会長などが大変立派な方々で、我々のような支援団体を上手に使ってくださいました。

P1000595.JPG

 宴は大盛り上がりでした。釜石高校の吹奏楽部の演奏あり、カラオケ大会では踊りだす人たちも現れ、川の向こうまで笑い声と歌声が響いていました。お天気にも恵まれて楽しい会になりました。今朝到着の加藤さん、それから青木さん・毛利さん、ご苦労さまでした。また協働して会を支えることができた被災地障がい者センター釜石のみなさん、ハートフル遠野のみなさん・盛岡ナザレの会のみなさまお疲れ様でした。

 センターは志村さんと昨夜到着の宮田さんが担ってくださいました。ご苦労様でした。

本日の来訪者は8名。

 

日本聖公会 釜石被災者支援センター 海老原祐治

posted by kamaishibase at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

4月28日

4月28日

晴れ。久しぶりの気持ちのよい青空が広がった一日。

 今朝はセンターにだれもいない珍しい朝。早めに出勤してゆっくりシャワーを使い、のんびりと朝ごはんをいただき、到着ボランティアの受け入れ準備。オリエンシートを三種プリントアウトしてネームプレートを作り、登録カードの確認をしていると神奈川県藤沢からのボランティア二名が到着。青木さんと毛利さん。ほぼ同時に東京からのボランティアで二回目になる志村さんが到着。さらに地元ボラの沢田さんも到着。一挙に賑やかになるセンター。藤沢組のオリエンを済ませ、すぐに視察に出発。いつもの釜石湾・鵜住居・大槌町のコース。

 本日は変則日程でした。視察から戻ってすぐに幼児学園へ。12時ちょうどから園からお借りするテーブル・椅子各種・などの積み込み作業。そのまま松倉の仮設に搬入です。明日のお花見会で使用するものです。その他にも昨日そろえたブロックやバーベキューコンロなど細々した物も搬入。

 1時に戻るとすぐに盛岡からの視察団をお連れして視察へ。上中島仮設で泳いでいる鯉のぼりをお送りくださった盛岡のパウロ幼稚園のみなさまです。いつも力強くお支えくださるみなさんですが、これからの支援の在り方についてよい意見交換ができました。視察は仮設住宅を中心に、釜石唐丹湾を廻ってきました。上中島仮設では元気に泳ぐ鯉のぼりが見れました。また偶然にも今春卒業した元ゆり組に釜天たち3名に会えたのが嬉しかったです。

P1000590.JPG

 夕方はもう一度センターからテーブル・コンロなどを松倉に搬入。これで大体の仕事は終わりました。搬入作業を行って下った沢田さん・青木さん・毛利さん・お疲れさまでした。

P1000591.JPG

 今日のお花は上中島仮設のチューリップ。

本日の来訪者は8名。

 

日本聖公会 釜石被災者支援センター 海老原祐治

posted by kamaishibase at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

4月27日

4月27日

曇りのち雨。お花が心配だった一日。

 釜石は桜の多い街です。桜好きな私にはこの上なくハッピーな街で、また見事な枝ぶりの桜が揃っています。昨日写真でお見せした甲子川の土手なども素晴らしいのですが、桜木町仮設(市民体育館)のあたりも見事な桜が揃っています。いずれ写真でご紹介できればと思っています。本日の大好評シリーズ「釜石を彩る春の花」はこぶしです。私の知る北海道のこぶしとは花の量が違います。ご堪能ください。

P1000589.JPG 

 さて本日はボランティアがいない一日でした。久しぶりに一人センター業務かな、と思っていましたが、所用で不在だった地元ボランティアの沢田さんが復活してくださいました。大助かり。あきらめていたゴミのクリーンセンターへの持ち込みや、行きそびれていた買い物、帳簿の整理や月末の銀行関係の仕事などをこなすことができました。スペシャル感謝。沢田さんありがとう。神さまありがとう。

 本日は大畑の仮設と松倉の仮設で足湯&お茶っこプログラムの日。いつものように楽しい会になったようです。でも一部で先の見えない不安を口にされる方もいたそうです。その不安が行政不信につながるケースが多くなっています。行政の悪口を言う方は多いのですが、それが増えている印象があります。また都市伝説のような噂が一人歩きしているケースも多々あります。あと一年で今住んでいる仮設が取り壊される、などの噂がマコトシヤカに語られているのです。そんなことはないですからね。

 大型連休がはじまります。釜石にも多くのボランティアや視察の方がやってきます。どんな方がくるのか楽しみですね。

本日の来訪者は14名

 

釜石被災者支援センター  海老原祐治

posted by kamaishibase at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

4月26日

4月26日

曇り。今日も花曇の一日。

 本日は北海道GFSのみなさんの最終日。先ほど午後3時半に北海道に向けて帰っていきました。それにしても、前回もそうでしたが、よく働き、よく喋る人たちです。東京GFSと北海道GFSのコラボレーションは最強です。ともかくお疲れさまでした。

 午前中は北海道組(植松さん・向井哲さん・溝尾さん・山岡さん)と私で大畑の仮設で帯広の方たちがお送りくださったジャガイモをお届けしてきました。みなさんよくおしゃべりになる特技を存分に生かして、ゆっくりお話しをたくさんしていました。なかには犬とおしゃべりしていた方も。大畑の仮設には大きな笑い声が響きわたっていました。

 午後はセンターの大掃除など。センターはきれいに整理整頓されました。感謝。山岡さんは私のお手伝いで会計報告の入力作業をしてくださいました。これでようやく会計報告が終わりました。大変遅くなってしまったことを関係各所にお詫びいたします。

 さて、釜石の桜は満開です。最近毎日計っている私の血圧の満開状態。数値は恐ろしくていえません。

P1000588.JPG

           甲子川の桜

 センターは今日も全開状態。人が途切れなくやってきます。夕方は常連さんがゆっくりお茶を飲まれていきました。

本日の来訪者は20名。

 

釜石被災者支援センター 海老原祐治

posted by kamaishibase at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

4月25日

4月25日

晴れ。久しぶりの青空の一日。

 本日は幼児学園の子ども礼拝&お誕生会。月に一度のお楽しみデイです。仙台から加藤主教さま・李先生・池住さんも来釜し、賑やかな会に。

 今日も我々は3チーム体制でスタートしました。AkB作戦。まずチームAは私と水谷さんで、幼児学園。その前に上中島仮設を訪問して鯉のぼりをお届けしてきました。もうすぐ上中島の空に鯉のぼりが乱舞します。楽しみ。最近上中島仮設の一部の子どもが、私のことを「パパ」と呼びます。血縁関係は一切ございませんので誤解なく。

 チームBは松倉の仮設で座布団配布。ダブル向井さんと小川さん・植松さん・溝尾さんが行きました。今日もいい出会いがあったようです。

 チームKはセンター業務。今日もたくさんの方がお訪ねくださいました。たんやわんやのようでした。山岡さん・渡邊さんご苦労様です。

 P1000585.JPG

 午後は陸前高田まで視察にいきました。なんど見ても息苦しくなる景色は相変わらずでした。みなさんショックな様子です。

 午後のセンター業務は池住さん・水谷さん・李先生がお担いくださいました。みなさんお疲れ様です。

 夕方から釜石神愛教会で聖餐式。「大きな石(キリストのお墓の入り口にあった石)も動くのだ」という加藤主教のお説教がありました。被災地の現状を見てきたみなさんには救いの言葉になったようです。

 夕食はみんな揃って「あゆとく」です。お昼に園でカレーを食べたのにまたカレーを食べてる方もいました。

 本日の来訪者は24名

 

釜石被災者支援センター 海老原祐治 

posted by kamaishibase at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。