2012年07月26日

7月25日(水)

7月25日(木) 曇り

又、又、私 八幡眞也が今日一日のみ登場します。

午前中は常連の甲子第6仮設住宅の方3名を中心に、賑やかな時間を過ごしました。海老原さんはちょっと具合が悪く(ほんのちょっとで心配無用)午前中は休憩しましたが、昼前に来て、大畑主教をお連れし神愛幼児学園へ。昼食後吉松ご夫妻が離釜され、その直後に東京からわが妻道子が来釜。センターには今晩は常駐2名を除けば2名のみと可なり寂しくなります。

午後から海老原さんは大畑東京教区主教と今日到着したボランティアの八幡道子さんをお連れして被災地視察に出かけました。釜石近辺の被災地視察はご両人とも初めてであり、印象深かったようです。被害の甚大なことには言葉が無いようでした。

午後遅く常連のMさんがやって来られました。今週の月曜日7月23日は恒例の映画会を欠席し(きちんと事前に関係者に連絡済み、ご心配なく)、ある団体主催の花巻温泉を楽しむ会に参加して楽しい一日を過ごしたそうです。良かったですね。

今日一日中センター業務をお手伝い頂いた地元ボランティアSさんに感謝。今日の来訪者数は9名でした。

日本聖公会 釜石被災者支援センター

八幡眞也



posted by kamaishibase at 06:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

7月24日

7月24日

晴れ。夏らしい暑さの一日。でも意外とカラッとしていたかな。

本日は秋田県大館市で目覚めました。昨夕に大館入りし、大館聖パウロ教会のみなさまと楽しく夕食をいただきました。大館訪問もこれで4回か5回目。大分大館の地理も理解してきました。いい街ですね、大館は。また何といっても人がいいです。美人が多いし、人情も厚い。次の訪問が楽しみです。

7,23花

さて今朝は8時に大館を出発。座布団プロジェクトの中心人物でもある小野静子さんをお乗せして釜石に向かいました。十一時半に釜石に戻り、神愛幼児学園高橋園長と3人で釜石ラーメンを会食し、それからセンターへ。そして東京教区大畑主教をお迎えし、栗林の仮設での座布団配布へ。今回は115枚の予約がありました。今回も一軒ずつ手渡しでお配りしていきました。みなさん楽しみにお待ちくださっていて、こちらも嬉しかったです。まだまだ座布団のニーズは衰えません。配布してくださった大畑主教様・小野さん・吉松(英)さん・八幡さん、ご苦労さまでした。

7,23配布

センターは吉松(さ)さんが担当でした。昨日も17名と多かったのですが、今日も来訪者が多かった一日でした。暑い中お疲れさまです。

悲しいニュースが夕方届きました。某仮設の知人が交通事故でお亡くなりになりました。ボランティアとともにお部屋にお訪ねしたことのある人です。天国でやすらかに憩われることをお祈りします。

本日の来訪者は18名。

釜石被災者支援センター 海老原祐治

posted by kamaishibase at 19:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

no-title

7月23日(月)

今日は朝からカッと強い日差しが戻りました。でも、日陰に入ると涼しい感じでセンター1階は心地よい感じです。昨夜遅くに500キロ以上の道のりを車を飛ばして吉松夫人がお着きになり、お疲れさまでした。内海司祭は明日24日朝には釜石を離れますので、通常水曜日の「子ども礼拝」を本日10時から行いました。お昼をいっしょにいただいて、お別れをいたしました。海老原センター長は礼拝の後、盛岡経由で大館の小野先生のところへと向かいました。その間、午前中は吉松夫妻と八幡さんがセンター業務を担ってくださり、午後は八幡、吉松の両氏が上中島仮設でのラジオ体操イベントへと出かけ、吉松夫人と内海司祭がセンター業務です。お近くのYさんがマニュキアセットをお持ちになり、少しずつお奨めしています。そのあとの手指のマッサージとあいまって、なかなか好評です。そこへお友達のMさんがお見えになり、さらにMさんの旧知のNさんが来られてお三人とも仮設の住人ではないことから、被災時のこととその後の生活を含めて話が弾みました。夕刻八幡、吉松両氏がお戻りになり、上中島での体操教室の様子をうかがう。参加者は9人で、例によって佐々木先生の“ケツの穴を締めて”が炸裂、楽しい時間であった、とのこと。

posted by kamaishibase at 17:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

7月22日

7月22日

曇り。今日も涼しかった一日。

本日は主日です。センターでは10時半より聖餐式が行われました。司式・説教は内海先生。二階の食卓を囲んでのアットホームな聖餐式となりました。参加者はセンターの我々とボランティア、それから幼児学園の高橋園長とお母様。神愛の新園舎と礼拝堂ができるまではしばらくセンター礼拝が続きます。

7,22

さて午後は視察へ。吉松さん・内海先生をお連れして根浜海岸・室浜・大槌町と周ってきました。根浜ではサーフィンをする人たちも。ちょっとだけ復興の気配が。でも久しぶりに砂浜を歩きました。サンダルに入り込む砂の感触が妙に新鮮でした。

センターは午後からオープン。八幡さんがお担いくださいました。今日のニュースはセンター名人の称号をかけた将棋対決が行われたこと。湊名人が大槌からの挑戦者を迎えての対戦。結果は2勝1敗で辛くも湊名人が防衛。ただ名人たる者1敗も許されないとの厳しい意見が続出していました。名人もタジタジの様子です。

本日の来訪者は11名。

聖公会 釜石被災者支援センター 海老原祐治

posted by kamaishibase at 17:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月21日

7月21日(土)

ここのところ涼しいどころか肌寒い日が続いています。海老原さんと八幡さんはお休みで、吉松さんと内海司祭が終日センター業務。2、3日姿を見せなくてなんとなく気にかかっていた湊さんが午後に現れて、まずは一安心でした。そこで、将棋は学生時代以来の内海司祭が生徒になって「詰将棋講座」。“初手が見つかればチョロイもの”と、いっぱしの将棋指し気取りで20問ばかりをご指南いただきました。久しぶりのOさんが女性用の衣料を届けてくださり、きれいだけれども少々ナフタリンくさいので、二階の部屋にひろげて除湿機をかけて陰干しです。常連さんが10人ばかりで、ノンビリした一日です。ブログ書き込み担当は「タコのパウロさん」でした。

posted by kamaishibase at 13:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

7月20日

7月20日

小雨→曇り→夕方から快晴、の一日。でもちょっと寒かったです。

本日は談話室プログラムの一日。午前の大畑も午後の松倉も「俳句を楽しむ会」。事前に何本も詠んでいる方も多く、かなり真剣な会になりました。名作も生まれたようです。

さて私は談話室プログラムには行かず、午前は8月5日のお祭りの準備会に行ってきました。上中島仮設と昭和園仮設、それに近隣のみなし仮設の方もお招きする大きなイベントです。我々は焼きそばとかき氷、それから住民の送迎をお手伝いします。

7,20

午後はやはり上中島仮設の大ラジオ体操の会の打ち合わせ。こちらも大きなイベントです。7月29日(日)朝8時半から。我々は会場の設営と来場者のご案内を担当します。でもこの日はボランティアのはざまで、人がいません。そんな日は地元ボランティアががんばってくださることでしょう。

午後の上中島の打ち合わせを終えると、某仮設の副会長さまがお待ちかね。いろいろご相談をさせていただきました。

今日のセンターは内海先生劇場でした。先生がしめさばを作っている間は常連さんがお留守番を務めてくださったそうです。いいですね。

最近いい感じです。いろんな自治会や住民が自らいろんなことを企画します。我々はそれをお手伝いすることが仕事です。ちょっと足りない部分を補うことがミッションです。みなさんが自分たちの思いを実現させていくお手伝いが支援だと考えています。誰かが誰かの足りない部分を補い合うことが真の意味での共生社会ですから。

本日の来訪者は12名。

釜石被災者支援センター 海老原祐治

posted by kamaishibase at 19:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。