2012年07月01日

6月29日&30日

6月29日&30日

晴れ。風がないせいか、発表の25度より暑く感じた一日。

 

 みなさんお久しぶりです。帰ってきた海老原です。昨日に無事職場復帰をはたしました。都合10日間も釜石を離れたには初めてでした。今回は引っ越しなどの身辺整理と所用の札幌でしたが、疲れ果てての帰釜になりました。戻る日は朝から珍しく頭痛に悩まされ、不安な道中でしたが、釜石の駅に降り立ち釜石の空気を吸ったとたんに頭痛もどこかへ消えてしまうのです。不思議ですよね。

 

 29日は談話室プログラムに一日です。私の留守中も八幡さんがお守りくださいました。その流れで午前の大畑、午後の松倉も行ってもらいました。午前がパンケーキをみんなで作る会、午後は李先生の「簡単な韓国語講座」です。どぢらも好評だったそうです。李先生・八幡さん、ご苦労さまでした。

 この日の私は、まず幼児学園に帰釜あいさつと諸々の打つ合わせ、大畑仮設でやはり打つ合わせ、午前はそんなところ。釜天たちも大畑の皆さんもやさしく迎えてくださいました。感謝。

 

 午後は急遽医者へ。札幌を離れる前日ですが、予定が早く終わったのでレンタカーを飛ばして日本海が一望できる大好きだった温泉に。ちょうど夕日が沈むタイミングでしたので、湯船を出て夕日鑑賞をしていたら複数個所やぶ蚊に刺されました。それが異常に腫れ上がって、おまたのリンパ節まで腫れ上がり、痛くて座れない状況に。仕方なくお医者さんに行ったのですが、ここで人生初の点滴を受けることに。おかげで腫れも少しひき、大分楽になりました。ご心配とご迷惑を掛けました。

 そんなこんなで夜は外食。大好きな工藤食堂でかつ丼とラーメンのセットをみんなで食べました。おいしかった。

 センターは仙台の千葉さんと東京教区司祭であられる須賀先生が担ってくださいました。

それから県内ボランティアである小林さんが午後一で離釜。ご苦労様でした。

 

センター来訪者は13名。

 

6,30バラ.jpg

 

 本日は基本センター業務オンリーの一日。八幡さんは今日と明日はお休み。私は一旦7時前に出勤後、通院。その間に李先生・千葉さんが離釜。今回も李先生にはお世話になりました。ありがとうございました。

 

 私はほぼ一日気合いを入れてデスクワーク。溜まっていたメールの処理、作成しなくてはいけない文章や書類の製作、来週行われるイベントの仕込みなど。夕方になって3仮設と幼児学園で打ち合わせ。みなさんそれぞれ勝手に「太った」だの「少しやせた?」だの「若返った」だの好きなことをいいます。面白いものです。

 

 センターは須賀先生がお守りくださいました。今日は静かにゆっくりと時間が流れたセンターでした。お疲れさまでした。

 週明けに書類を市役所の提出すれば、私もいよいよ釜石市民です。そのことを会った方々に伝えると、みなさん喜んでくださいました。感謝です。これで私も「お釜入り」立派なお釜ちゃん」です。これから言葉づかいに気をつけなくては。では今夜はこのへんで失礼するわよ。

 

本日の来訪者は8名よ。

 

釜石被災者支援センター 海老原祐治 源氏名は「エビコ・プチデラックス」

 



posted by kamaishibase at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。