2012年07月06日

7月5日

75

 

雨のち曇り、また夕方から雨。

 

 朝から雨です。本日はオーストラリアチームを率いて個別訪問の予定でしたが、あいにくのお天気。オージーたちもお疲れモードなので午前のワークはお休みに。でも我々の業務には休みはありません。八幡さんは明日の談話室プログラムの準備で買い出し。私はクリーンセンターに段ボールやゴミの搬入と平田の仮設で打ち合わせ。

 午後になってお天気も回復。お届けする物資(リンゴジュース・JFSの飴・コーヒー・ポーロさんのエンジェル)をセットして、野田西仮設へ。オージーによる戸別訪問です。トランスレーターの八幡さんと熊坂先生のチームに分かれて、配布をかねての訪問。さすがにオージーたちはどこに行っても人気です。オーストラリアから来たと聞いただけで涙を流して喜ぶ方も。今日も素敵な出会いがありました。

 ある方が「談話室には行きづらくて」と言っていました。このような方はどの仮設にも結構います。このような方との出合ってお話しするのが戸別訪問の目的です。地道な活動ですが我々の重要なミッションなのです。

 センターは沢田さんが担いました。大槌町から久しぶりの方もお訪ねくださっていました。しばらくお顔が見えなかった方がお越しくださると嬉しいですね。

 さあこれから20名分の夕食を作ります。どうなってしまうのか。

本日の来訪者は9名。

 

釜石被災者支援センター 海老原祐治



posted by kamaishibase at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月4日

74() 快晴

 

今日はピンチヒッターで又私が登場します。センスのない文章をお許しください。

今日は湿度が高く気温も高かったので、やや体力を消耗する一日でした。

午前中はお寺の経営している正福寺(しょうふくじ)幼稚園でオーストラリアの青年による歌とダンスを子供と楽しむ会を開催した。昨日・一昨日の保育園とは異なり年齢がやや高かったので園児の対応が良かったように感じた。英語の歌に合わせて元気に踊る姿はとてもほほえましかった。園児は約80

午後一番で東京教区聖職須賀司祭が離釜。一週間ご苦労さんでした。

午後は通称昭和園(正式名は中妻仮設で元野球場)で被災者の皆様と一緒にオーストラリアについて学び(人種、地理、気候、宗教、彼らの住んでいる所、その他)、青年によるダンスと歌を楽しんだ。その後は持参したケーキを持ち込んでお茶っこ。参加者は約20名、オーストラリアに関して質問が活発にあり、青年たちも質問があった事について満足していた。

この仮設の責任者の話ではここは自己管理が許されている。入居者は津波から命からがらのがれてきた人が多く、すべてを失っている。一人の婦人は元鵜住居(うのすまい)の住人で、駅のすぐ近くに住んでいた。駅近くには一階がお店で二階が住居が道路の両側あったそうですが、今はまったく何も存在していません。住人はまさか防波堤を超えて津波がここまで来るとは思っていなかったので、亡くなった方が多いようです。しかも不明者がまだまだまだ多い地区。

園児と高齢者との交わりで忙しい一日でした。青年たちは恐らく疲れのピークではないでしょうか。彼らのエネルギーは素晴らしく、被災者のかたがたは若者からこのエネルギーを貰ったととても喜んでおられたようです。

 

八幡眞也

posted by kamaishibase at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。