2012年07月10日

7月10日

7月10日

晴れ。爽やかな北国の初夏、といった一日。

センターのパソコンにブログ更新ソフトが復活し、釜石ブログも完全復活です。引っ越しボランティアで来釜していた北海道教区吉野執事がメンテナンスしてくださいました。先生は当センターのシステム担当でもあります。感謝。

本日は栗林の仮設に行ってきました。座布団プロジェクトの予約取りの作業です。我らが支援センターもいよいよ鵜住居地区に本格参入。よろしくお願いします。今日は午前と午後の二回に分けての訪問。暖かく迎えていただき感謝です。あちこちで世間話の花が咲きました。

私は途中で抜けて、栗林のさらに奥にある橋野に行ってまいりました。橋野には震災直後から素晴らしい働きをしているネオスさんが拠点をもっています。北海道のnpoで、地域に根ざした力強い働きを続けている団体です。久しぶりにリーダーの方とお会いでき、お話しができました。感謝です。

7,10

センターは八幡さんが担当。今日もたくさんの方がお見えになりました。常連さん、久しぶりの方、ほぼ初めての方、いろんな方がくつろがれていきました。「ここにいると時間があっという間に過ぎてく」そんなことを言われた方がいました。褒め言葉と受け止めています。これからも居心地のよいセンターであり続けたいと思います。

本日夕方は加藤主教による聖餐式が行われました。現在の神愛教会としての最後の聖餐式でした。礼拝堂の聖別解除のお祈りが捧げられ、いよいよ本当に最後なんだという実感が涌いてきました。長い間ご苦労様でした。

本日の来訪者は18名。

日本聖公会 釜石被災者支援センター 海老原祐治



posted by kamaishibase at 20:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。