2012年08月07日

8月7日

8月7日

曇り。涼しかった一日。

本日のブログは3名がリレー形式でお届けします。まずは海老原です。私は午前に社協と地区応援センターで打ち合わせ。某仮設での敬老会と先日のお祭りの件など。午後は釜石を訪問された英国聖公会カンタベリー大主教の名代であるマイケル・イップ・グレイブ主教さまご一行をご案内して視察を行いました。盛岡聖公会中山司祭・仙台オフィスの松村さん・それに主教さまをお連れして、立教高校生チームが活動していた大畑の仮設、神愛幼児学園、上中島仮設、それから本郷、唐丹湾小白浜と周りました。大畑と上中島ではそれぞれお宅にも訪問させていただき、主教様にはお祈りをしていただきました。ささやかでしたが交流の時間がもててよかったと思います。比叡山で行われた宗教サミット出席のための来日でしたが、貴重な時間を割いて釜石をお訪ねくださったこと、大変感謝いたします。旅路の平安を祈ります。

ここからはセンターを担当した渡部が報告します。今日のセンターは、午前中は非常に数多くの方がお見えになり、とても賑やかなひと時を過ごし、午後になると雨の影響かとてものんびりとした時間が流れる、そんな一日でした。

そんな中で今日は非常に驚きであり、嬉しい事がありました。それはある常連で来てくださっている方が、たまたまバス停にいたおばあさんを誘って私たちのセンターに来てくれたことです。初めはあまりお話されなかったおばあさんも、段々ほかの人たちとの会話に入っていけるようになり、「とても楽しかったです。」と言ってくださいました。

この支援センターが、確かに地元の人と結びついていて、必要とされている。ほんの数時間のことでしたが、そのことを非常に強く感じました。明日も明後日もこういった繋がりが広がっていけばいいなと、午後ののんびりとした時間にうつらうつらと思いました。

最後は太田が担当致します。

太田&立教チームは、午前中は甲子C&D仮設を訪問しました。女子聖学院と同様、藤沢の幼稚園児たちが絵を描いてくださったうちわと気仙沼の「ひまわり」のクッキーをお届けしました。

午後は、大畑東仮設にて、立教の皆さんによる歌の披露。昨晩急遽お願いしたにもかかわらず、皆さん一生懸命練習をされ、結果として本当に喜んでいただける会となりました。

そして、夕方から幼児学園へ。学生たちにとって、子供達との時間も、とても大切な時間になっているようです。

夜の振り返りも、とても充実した振り返りとなりました。考えさせられることばかりでした。

立教の皆さん、本当にありがとうございました(まだ一日ありますが…)。

昨日、内竹ドーナツマイスターが、今朝阿佐ヶ谷チームが離釜され、さびしい思いもありますが、新たな出会いもあり、本当に感謝です。

今日の一枚は、立教の皆さんが歌っている姿(掲載許可済みです)。

ありがとうございました!

0807



posted by kamaishibase at 21:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。