2012年08月10日

8月10日

8月10日 曇りのち雨

本日は、渡部さんと太田がブログを担当します。まずは太田です。

海老原センター長は、本日はお休みです。しかし、何度か姿を見ましたが…。

午前中は、プログラムもなく、今朝東京から到着されたボランティアの沢田さん、そして渡部さんと私の3人でセンター業務。

午後は渡部さんと私は歌を楽しむ会のため、甲子B仮設へ(こちらは渡部さんパートで報告します)。

今日は一日を通してセンターへいらっしゃった方が7名と少なかったのですが、いつも以上にゆっくりとした雰囲気で、皆さんお話しをされていきました。

お盆前ということで、釜石のお盆の過ごし方や、昔話など、沢山のお話しを聞かせていただきました。

私ごとですが、昨日は休日をいただきました。

釜石の歴史や地域について、また遠野にも行き、近隣地域の歴史についても学びました。色々なことに興味の幅が広がった一日でした。

また、釜石に来てからのことを振り返ったり、この地で出会った人々のことを思い返していました。

しかし、気付いてみれば、こちらに滞在するのも残り一週間を切ってしまいました。寂しい思いやら色々な思いが交錯しながらこみあげてきていますが、とにかく、残りの日々、感謝とともに、一日一日を大切にしながら過ごしたいと思います。

ここからは渡部が報告します。

本日は甲子Bの仮設で歌のプログラムを行いました。飛び入りの参加の方も含めて、全部で5人の方が参加してくださいました。こちらの手違いで、キーボードを忘れてしまったために、最初はアカペラで歌うことになってしまいましたが、先生の指導の下で楽しい時間を過ごすことができました。

普段は中々歌うことのない歌を、仮設の皆さんと歌い、そしてまた色々なお話をすることが出来て良かったです。そして話をする中で、参加された方は少なかったかもしれませんが、少しでも皆さんのストレスなどの発散に繋がっているのかな、ということを感じた時間になりました。

以上、太田&渡部さんでした。



posted by kamaishibase at 17:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。