2012年08月18日

8月18日

釜石にやってきて、今年分のそうめんは確実に食べたと思っている渡部です。というわけで今日は、私がこのセンターに来てから2度目の流しそうめん大会でした。

今回は昭和園の仮設での実施となりましたが、前回の上中島と同様に、住民の皆さんが積極的に参加してくれたので、とても助かりました。また神愛幼児学園の先生も2人お手伝いに来てくれたので、とても心強かったです。

今日の流しそうめん大会は、比較的涼しく、曇り空の中で行われることになりましたが、この夏のシーズン最後の夏らしいイベントということで、皆さん喜んで下さっているようでした。

それにしても今回は、少々見積もりや見通しが甘く、住民の皆さんや他のボランティアの方々に色々とご迷惑をお掛けしてしまった事が残念でしたが、逆にそれでも何とかなってしまう所が凄いなと、自分の事を棚に上げて感心してしまいました。

clip_image002

住民の方々の熱い要望でかなり長くなったそうめん台

兎にも角にも、海老原さんが北海道に旅立たれてから最初の山場を、何とか形にできてよかったです。

追記:今日仮設の子供たちに久しぶりに「お兄ちゃん」と呼ばれて嬉しかった。(幼児学園では大体おじちゃんです・・・別にいいんだけどね・・・)

渡部 拓



posted by kamaishibase at 17:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。