2012年08月19日

8月19日

8月19日

すみません今日はショートバージョンです。

今日は日曜日ということで、最寄の教会である釜石新生教会の礼拝に出席させて頂きました。釜石に来て初めて他教派の礼拝に出席させて頂いたのですが。そこには将棋のMさんや、ウォーキングのFさん等々センターでもおなじみのメンツが結構いたので、なんだかあまり他所の教会という感じがしませんでした。

そして今日は柳谷牧師の説教だったのですが、そこで非常に印象に残ったのが、「小さき者こそがイエスさまである」ということでした。柳谷牧師は、「被災地において、打ちのめされて何もかもをなくして、どうしようもなくなって教会にやってくる、そんな人たちの中にこそイエスさまはおられるのだ」とおっしゃいました。私もきっとそうなのだろうと思います。そしてまた、私たちも同じよう小さいものとして、そのような人たちに寄り添うことが出来ればいいなと思いました。

なんだか普段と大分違うコメントになってしまったけど、私だってたまには真面目に色々と考えるのだということで。

渡部 拓



posted by kamaishibase at 19:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。