2012年08月21日

8月21日

8月21日

どうも、ここ最近ずっとブログを担当していた渡部です。なんとも早いもので私が釜石に来てから、もう18日が経ちました。そして今日のこのブログが今回の勤務での最後になります。

何というか、とっても内容の濃い釜石での生活が、明日で終わりだと思うとかなり寂しいいものがあります。本当に色々な人たちに出会えた良い実習になりました。このままだと私のただの感想文で終わってしまうので(いつもそうですが)、今日起こった出来事をちょっと振り返りたいと思います。

さて今日はというと、午前中は昨日到着された、吉田さんと一緒に被災地の視察に大槌へ向かいました。他の方たちはもう既に被災地は見て回っていたということで、2人での視察ということでしたが、道中ちょっと迷ったり、色々なお話しが出来たりと、私としてはとても有意義な視察が出来たと思います。

そして今日おもしろかったこととしては、午後に恭子さんと一緒に行ったごみ処理センターがあります。私自身あのような施設に行くのが初めてだったので、何だか小学生の社会科見学にいく時を思い出してとてもワクワクしました。とはいえ見れたのは外観と、何の変哲もない集積所だけだったのですが、ごみが放つ異臭の中で、働きながら笑顔で私たちに対応してくれたおじさんを見れただけでも、来たかいがあったなと思いました。

そんなごみ処理センターから帰ってきた私を待ち受けていたのは、神愛幼児学園で行われる聖餐式のお話しでした。夕方にベテランボランティアの小林さんを新たに加えた私たちは、加藤主教の司式のもとで聖餐式に与ったのですが、そこでお話しをした私はというと、暑い汗と何だか嫌な汗とをかき、本当にクールビズが必要だという事を改めて思ったのでした。

その後に、加藤主教も交えての、昨日に引き続いての豪華な夕食を囲み、お互いに色々なお話しを分かちあうことが出来ました。特に海宝晋一さんが作った生春巻きは絶品でした!

何だか最後まで、食べ物やら私の愚痴やらで終わってしまいましたが、本当に良い出会いと経験をさせてもらいました。このブログを通してですが、釜石のセンターに関わる全ての人、またお会いしてきた全ての釜石の人にお礼を言いたいと思います。本当にありがとうございました!!

渡部 拓



posted by kamaishibase at 22:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。