2013年03月25日

3月25日

今日は午前中に今日帰ることになっている、北海道の吉野執事と教区の青年と共に、神愛幼児学園の子供礼拝に参加しました。そしてその後に、子どもたちとも遊ぶことが出来たのですが、小さい子供も大きい子供もみんな元気で、ことらがへとへとになってしまいました。それにしてもあの子供たちの元気は、本当にこちらの方も元気にしてくれます。そしてあの笑顔が、今度引っ越す新しい園舎で見られると思うとすごく楽しみです。

そして午後からはセンターで働いていたのですが、今日は本当に沢山の方々が来てくれました。ただそのうちの久しぶりに私と会った何人かの人は、花粉症のマスクを取るまで私が誰かわかりませんでしたし、ちょっと太ったねと言われてしまいました・・・ショックです。まあそれはさておき、午後の時間は本当に沢山の話し声と笑い声が飛び交うとても心地のいい一時を過ごすことが出来ました。今日は何だか、私が誰かに何かをしてあげるというよりは、私が周りのみんなから元気をもらう、そんな一日だったと思います。まだまだ寒い釜石ですが、気持ちはとても暖かい一日でした。

また、今日までの4日間一緒に働いてくれた、吉野執事と3人の青年たち、本当におつかれさまでした、いっしょに生活していて楽しかったです!北海道に帰った後も、そのパワーで頑張ってくださいね!

神学生 渡部 拓



posted by kamaishibase at 17:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月24日

おはようございます。

昨日はブログの更新ができませんでしたので、改めて今日(25日)更新いたします。

 

24日(日) 晴れ 割と暖かい一日

 

今日は神愛幼児学園の引っ越しの日。

昨日つめた荷物たちを、小川の現園舎から、上中島の新園舎に運びます。

北海道組4人と渡部神学生、神愛教会の松田さんが参加。

 

ワックスかけたての新園舎はピカピカ。

傷をつけないように毛布などを敷いてから荷物を運びこみます。

3-24-2

3-24-3

若い力はすごいです。

思ったより早く荷物運びが進み、午前中には目処が立ちました。

現園舎は26日まで保育を行い、27日からは新園舎での保育がはじまります。

 

夕方から北海道組+渡部神学生は視察へ。

復活前主日礼拝は視察の後、Mさんも一緒にセンター1Fで行いました。

 

201303241708000

 

明日は海老原さんはお休み。

ブログは吉野が担当しました。

 

 

北海道教区 執事 吉野暁生

posted by kamaishibase at 08:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

3月23日

今日は定内仮設でのお料理プログラムに参加する班と、神愛幼児学園の引っ越しのお手伝いをする班に分かれての活動でした。そして今日の私は当初の予定では、センターを担当するはずだったのですが、ちょうどプログラムに出発しようとしていた時に、たまたま来てくれた常連の女性の方が、私の代わりに午前中の間センターに居てくれるということになり、私もプログラムに参加できることになりました。このことは、ここでの活動というものが地元の人たちと、ただ支援する人とされる人に分かれている関係ではないのだということを教えてくれる体験でした。

そして定内仮設で行ったお料理プログラムでは、たこ焼きを作ったのですが、海老原さん考案の、トマトとチーズ、ソーセージを使ったイタリアンたこ焼きなど、とてもおいしくて楽しいひと時を仮設の人々と過ごすことが出来ました。このたこ焼き、邪道と思われるかもしれませんが、本当においしかったので、興味のある人はぜひ試してみてください!!

posted by kamaishibase at 17:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

3月22日

今日は海老原さんではなく、昨日約8ヶ月ぶりに釜石を訪れた東北教区神学生の渡部が担当します。海老原さんのブログを期待していたファンの皆さんすみません(笑)。

さて本当に久しぶりに訪れた釜石ですが、すっかり春の陽気になってきていた京都から来たものですから、予想以上に寒くてびっくりしている所です。そんな中訪れた釜石ですが、久しぶりにセンターで会った釜石の人たちに顔を覚えてもらえていたりしたことは素直にうれしかったです。

そしてそんなセンター業務では、相変わらずパワフルなおばさんたちの話や、よく来るおじさんの趣味の話などを聞きながら、またこの釜石にやってきたのだなということを実感することができました。

それから午後に行った歌のプログラムでも、昨年に一回だけ参加していただけなのに「あの時は〜を歌いましたね」と言ってもらい、一緒に歌うことができてとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。またそのプログラムに参加している方々が、ここで歌うことで「本当にすっきりして楽しい」ということを言ってくれていて、少しでもこの活動が役に立っているのだと実感することが出来て、充実した一日を過ごすことが出来ました。

これから長いようで短い釜石での働きが始まりますが、あまり気負いすぎずに自然体でこの釜石での働きに務めたいと思います。

東北教区 神学生 渡部 拓

posted by kamaishibase at 18:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

3月21日

3月21日

晴れ。いいお天気でしたが、がくんと寒くなった一日。ぶるっ。

いよいよ立教チームも本日で最終日。あっという間です。ほとんどベテランという回数の学生もいて、安定感があります。

さて本日のメインワークは上中島仮設でのオリジナルかるた作りを楽しむ会。気合いをいれて行きましたが、仮設には人気がありません。運の悪い事に災害復興住宅の申し込みの開始日と重なっていました。みなさんそちらへ。でも少し待っているとちらほら人の気配が。想定より少ない人数でしたが、始まってしまえば楽しいかるた作りです。本日も名作が沢山生まれました。住民のみなさんとボランティアが知恵を出し合って釜石のことや仮設暮らしの悲喜こもごも、あるいは個人的なことやちょっとふざけたことを考えます。それに今回は保護者ボランティアにお二人、デザイナーである山脇さんと小田さんが大活躍。お二人には絵を担当してもらいましたが、これが見事。とてもクオリティーの高いかるたがしあがりました。山脇さん・小田さん・それに学生の二見君・菅原(泰)君・菅原(伸)君、それに総合司会をつとめた市原チャプレン、ご苦労様でした。

かるた321

3,21札

午後の前半は立教チームがフリータイム。私は銀行や買い物など。3時過ぎからお待ちかねの神愛幼児学園訪問ツアー。たっぷりと釜天たちと遊んできました。もうベテランたちなので、子供たちも覚えていました。「また来たの?」とか「しってる!」と声が掛っていました。

今夜のバスでチーム立教も東京に戻ります。被災者の方々を忘れないというテーマをしっかり表現できてる彼らはとても立派です。また来てください。待ってます。そして帰路の安全を祈ってます。

センターは今日も沢田さん。今日も寒い中、憩いの場としてセンターは機能していました。日の当たるソファーで編み物をする人、クロスワードに興じる人、ぼーっとする人、そんな3人が並んで座っている光景は素敵でした。

本日の来訪者は13名。

釜石被災者支援センター 海老原祐治

posted by kamaishibase at 19:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

3月20日

3月20日

曇り。午後から雨の予報でしたが、なんとか持ちこたえた一日。

本日でチーム立教は2日目。午前は明日の「オリジナルかるた作りを楽しむ会」の準備。かるたの下準備を行いました。過去二回のかるた作りでは画用紙を切っただけの札でしたが、今回はちゃんと縁を作ったり、箱を用意したりと工夫を凝らしています。お正月になったら遊びたくなるようになればいいですね。

3,20カラオケ

午後はサッカー場あたりの仮設の歌う会(カラオケ)にお招きしていただき、チーム立教をお連れして行ってきました。はたして盛り上がるか若干の不安もありましたが、さすがはリピーターボランティア。見事の楽しませてくれました。仮設のおじさんと高校生の「世界で一つだけの花」はちょっと感動的ですらありました。私の美声も何故か大爆笑でした。とてもいい交流ができ、仮設のみなさんもボランティアのみんなも大満足だったようです。

今日は夕方から某仮設自治会と会合なのでこのへんで。

釜石被災者支援センター 海老原祐治

posted by kamaishibase at 16:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。