2013年03月13日

3月13日

3月13日

曇り。雨が降りそうで降らなかった一日。天気予報が外れました。

3,11が過ぎていきました。昨日も書いたようにお疲れモードの釜石です。なんかその疲れを共有できたのなら幸いかなとも思っています。

私たちの3,11は特別なことをしないで過ごす一日でした。去年も自然体でいきましたが、今年もそうしました。被災者の方々に営みを邪魔しないで寄り添う事が我々の3,11です。

午前は幼児学園で子供礼拝。共に3,11を祈りました。内海先生と大町先生、それにボランティアの吉松さんと私。釜天たちは違和感なく我々を受け入れてくれていたと思っています。

午後は上中島仮設自治会主催に「祈りの会」に参加。2時46分を共に迎えました。何をする事もなく、お手伝いする訳でもなく、その場にいる事を許された我々でした。

上中島では鶴を折っておささげすることを去年から行っています。それから夕方からキャンドルをともすのですが、これは強風で中止になりました。夜は野田中央仮設での自治会主催の慰霊祭にお呼ばれしました。そこでも共に鎮魂とこれからの歩みについて祈り、食卓を囲み、こころ一つに歌うことができました。

受け入れられること。そのことをしっかり理解しないとよい支援はできません。支援者が共にありたいと願っても、受け入れられるとは限らないのです。受け入れられるには時間と努力と覚悟が必要になります。これからもしっかり覚悟を持って臨みたいと思います。いずれまた来る3,11におそばにいれるために。

さて本日は午前が大畑の南の方、午後は大畑の西の方の仮設に行ってきました。吉松さん・海宝さん・小林さんの3名が戸別訪問をしました。ご苦労さまでした。

明日は私の休日です。ブログはお休みになります。ご了承ください。

釜石被災者支援センター 海老原祐治



posted by kamaishibase at 17:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。