2013年03月19日

3月19日

3月19日

晴れ。いいお天気。暖かいを通り越して暑いぐらいの一日。

朝7時過ぎに立教チーム到着。今回は学生(菅原泰君・二見君・菅原伸君、いずれもリピーター)と父兄(父兄だけの単独参加で参加学生の親ではない)が2名に市原チャプレンという陣容。午前はさっそく大畑あたりの仮設へ。この立教チームは毎回大畑のこの仮設を訪問しています。だからすっかり馴染です。3か月前にも餅つき大会でご一緒したばかり。今回はタコ焼きパーティーを開催。タコ焼きを作る彼らを見る目はほとんど親のよう。微笑ましい空気感のプログラムになりました。もちろんタコ焼きは上出来。みんなで美味しくいただきました。学生の中には将来プロのタコ焼き師になると言い出す子もいました。みなさんご苦労様でした。

3,19タコ焼き

午後は視察へ。学生たちは複数回の来釜ですが、父兄組は初釜。一人の方は子供の頃釜石に住んでいたことのある方。釜石の変わり様にはショックをうけていました。リアルな被災地の現実を体感していただきました。

センターは今日も沢田さんが担当。暖かな日差しのなか、穏やかな空気が流れていました。久しぶりの方も多く、今日も子供が来てくれました。

本日の来訪者は12名

釜石被災者支援センター 海老原祐治



posted by kamaishibase at 17:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。