2013年03月21日

3月21日

3月21日

晴れ。いいお天気でしたが、がくんと寒くなった一日。ぶるっ。

いよいよ立教チームも本日で最終日。あっという間です。ほとんどベテランという回数の学生もいて、安定感があります。

さて本日のメインワークは上中島仮設でのオリジナルかるた作りを楽しむ会。気合いをいれて行きましたが、仮設には人気がありません。運の悪い事に災害復興住宅の申し込みの開始日と重なっていました。みなさんそちらへ。でも少し待っているとちらほら人の気配が。想定より少ない人数でしたが、始まってしまえば楽しいかるた作りです。本日も名作が沢山生まれました。住民のみなさんとボランティアが知恵を出し合って釜石のことや仮設暮らしの悲喜こもごも、あるいは個人的なことやちょっとふざけたことを考えます。それに今回は保護者ボランティアにお二人、デザイナーである山脇さんと小田さんが大活躍。お二人には絵を担当してもらいましたが、これが見事。とてもクオリティーの高いかるたがしあがりました。山脇さん・小田さん・それに学生の二見君・菅原(泰)君・菅原(伸)君、それに総合司会をつとめた市原チャプレン、ご苦労様でした。

かるた321

3,21札

午後の前半は立教チームがフリータイム。私は銀行や買い物など。3時過ぎからお待ちかねの神愛幼児学園訪問ツアー。たっぷりと釜天たちと遊んできました。もうベテランたちなので、子供たちも覚えていました。「また来たの?」とか「しってる!」と声が掛っていました。

今夜のバスでチーム立教も東京に戻ります。被災者の方々を忘れないというテーマをしっかり表現できてる彼らはとても立派です。また来てください。待ってます。そして帰路の安全を祈ってます。

センターは今日も沢田さん。今日も寒い中、憩いの場としてセンターは機能していました。日の当たるソファーで編み物をする人、クロスワードに興じる人、ぼーっとする人、そんな3人が並んで座っている光景は素敵でした。

本日の来訪者は13名。

釜石被災者支援センター 海老原祐治



posted by kamaishibase at 19:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。