2013年05月31日

5月31日

5月31日

晴れ。ド晴天な一日。

山岡さんが帰ってしまいました。残念。ボランティアに来てくださる方も貴重ですが、事務仕事をサポートしてくださる方も貴重なのです。ア〜ア。

さて本日午前はセンター業務。おしゃべりとお茶入れ作業でほぼ終了。合間に午後のプログラムの準備。材料の買い出しやレシピの印刷や持って行く道具の確認など、いろいろとやることがあるのです。

午後は松倉あたりの仮設でお料理作りを楽しむ会。今日もくるみっと。山崎先生が練習を重ねた成果で完璧な出来栄えでした。懐かしい郷土のお菓子は大好評です。素朴でやさしい甘さのくるみっとは私でも懐かしく感じる不思議な魅力のお菓子なのです。また月曜日に作ります。山崎さん・Hさんご苦労様でした。

5,31胡桃

戻ってくると常連さんがお待ちになっていて、残ったくるみっとの試食会。みんなで美味しくいただきました。午後のセンター当番は小山さん。お疲れさまでした。

本日の来訪者は12名

釜石被災者支援センター 海老原祐治

posted by kamaishibase at 16:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

5月30日

5月30日

曇り時々雨。ぐずついた天気。こういう天気のときは、気分もスカッと晴れない。

本日も海老原さんはお休み。今頃どこで何をしているのでしょう。リフレッシュできてるかなー。

センターは午前中が山岡、午後は昨日に引き続いて地元ボラのHさんが担ってくれました。連日ご苦労さまです。トイレ掃除までしてくださって、ありがとうございました。地元ボラさんたちは、仮設プログラムにも積極的にご協力してくださるので助かります。

午前中は、センターを開けてしばらく誰もいらっしゃらないので、「今日もひとりかなー」と思っていると、午前10時を過ぎてから将棋好きの常連Mさんや、2日ぶりにTさんがいらっしゃいました。Tさんは、弟さんが入院したために連日見舞いに行っていたとか。いつもいらっしゃる常連さんの姿が数日見えないと、何かあったのではないか…と心配になったりします。Tさん、今日は午前・午後とセンターにいらっしゃって、趣味の手芸と編み物をしていました。Mさんも午前・午後とセンターに。

午後は、地元ボラのHさんと、このセンターでお友達になったというYさんが昨日に続いてお見えになり、Hさんと何やら話し込んでいました。他にも、常連さんが多数お見えになりました。また、私が釜石に居る間、何度となく地元の方が衣類を献品してくださり、それがまた他の人の手に渡る…という光景を目にしました。今日もそうでした。私たち外部スタッフが手を出さなくても、地元の方同士で上手にやってくれています。これからも、たんぽぽの綿毛が種を携えてふわふわ飛び、地に落ちてまた綺麗な花を咲かせるように、このセンターで慰められ前を向く勇気を与えられた人たちが、また誰かの心に寄り添って歩んでくれたら…と思います。きっと神さまが導いてくださるでしょう。

 

さて、私の釜石ワークも今日が最後となります。明日午前中に札幌へと帰ります。来るたびに、みなさんからたくさんのお土産をいただいて帰りますが、今回も手作りのいろいろなお土産をいただきました。ありがとうございました。また、いろいろ釜石ワークに関して、ご配慮くださったO先生にも、相棒ハイエース君を貸してくれた海老原さんにも感謝。札幌では完全にペーパードライバーと化している私ですが、事故なく終えることができて良かったです。

昨夜は、海老原さんオススメの「あゆとく」で、これまた海老原さんオススメの「山岡的メニュー」の唐揚げ定食&ミニラーメンをいただきました。今まで「あゆとく」には2回行ったことがありますが、唐揚げを食べたのは初めて。旨い!柔らかくて旨いではありませんか!しかも、釜石ラーメンって細い!そうめんかと思うくらい細い!もう一度くらい食べたかったわ…。釜石最後の今夜は、センターの常連さんが「いっしょに夕食をしましょう」と誘ってくださったので、釜石ラーメンではないラーメンを食べてきます。あ、昼間もラーメン(インスタントの袋ラーメン)だった…。まぁ、いいんですが。

みなさん、アディオス!どうか、お元気で。

本日の来訪者11名

釜石被災者支援センター 山岡みゆき

posted by kamaishibase at 17:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

5月29日

5月29日

曇り時々小雨

昨日、一昨日の夕食は、カップラーメン&おにぎりだった山岡です。そして、昨日、初めて「釜天」たちに会い、新しく大きくなった神愛幼児学園&神愛教会を見学して、ひたすら感動していた山岡です。

お疲れ気味な海老原さんは、今日、明日と休暇。センターの携帯を私に預け、どこかへ去って行きました。

というわけで、海老原さんのようにセンターの携帯を首からぶら下げ、「女・海老原」となった私は、午前センター留守番、午後は留守番を地元ボラのHさんに託し、ひたすら事務作業。と言いたいところですが、天気が悪いせいか何と午前中は誰もセンターにいらっしゃらなかった!なので、結局、私は一日中、事務作業でした。留守番をしてくれたHさんに感謝。明日もよろしくお願いします。

午後は、いつものように常連のご婦人たちが集って「お茶っこ」。愚痴や笑い話などで盛り上がっていました。私が居る間、午後はずっと「女の園」でした。皆さん、午前中に家事を済ませ、午後からセンターにいらっしゃるようです。反対に午前中は男性の方々が集うことが多いようです。

 

さて、以前にテレビで紹介されていたことがあるので知っている方もいらっしゃるかとは思いますが、名古屋の大学生たちが活動している「失われた街〜模型復元プロジェクト」が釜石にもやってくるそうです。6月1日〜7日まで、JR釜石駅隣にあるシープラザで、「記憶の街ワークショップ in 釜石」と題して行われるそうな。これは、津波によって失われた街などを白い模型によって緻密に復元し、被災地の人たちと共に記憶を辿りながら自分の家や通った店、学校などを見つけ、着色をして「記憶の街」をつくっていくというものです。それはある意味で、辛い記憶を呼び起こしてしまったりもしますが、この震災を見つめ直す行為でもあり、また二度とまったく同じようには戻らない街を記憶から形へと残す作業でもあります。センターにいらっしゃる方も、「きっと泣いてしまうかもしれないけど…私は行くわ」とおっしゃっていました。6月1日というと、私はすでに離釜しています。このプロジェクトを生で見られないのが残念です。

また、昨日は定内地区という所で火事があり、2歳の子が亡くなりました。2歳というと、震災のあった年に生まれたのでしょうか。心が痛みます。

 

さぁ、相棒ハイエース君と共にいるのも、あと僅かとなりました。お宿に帰る前に、釜石の街を相棒と共に少しフラフラしたい気分です。

本日の来訪者6名

釜石被災者支援センター 山岡みゆき

posted by kamaishibase at 18:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

5月28日

5月28日

曇り。昨日の夏日から普通の5月に戻った一日。

山岡さんの大活躍ですっかり楽をしている昨今の私であります。ジモボラのみなさんもよく頑張ってくださります。ゆっくり外回りができるのは本当に素晴らしいことなのであります。

さて本日午前から午後早めは来月のレギュラープログラムの打ち合わせで4つの仮設を訪問。もう月末なのでいろいろ決めていかなければなりません。来月も楽しいプログラムが準備できそうです。それが細やかな希望になればと願っています。

5,28ピンク

午後はちょっとデスクワークをしてから山岡さんをお連れして神愛教会と幼児学園の見学。素晴らしい新園舎に感動の山岡さんでした。

午後の後半は栗林へ。お借りしている仮設の件です。栗林は新緑がまぶしく、目が痛いぐらいでした。

センターは午前が山岡さん、午後が山崎さんでした。午後はある方の生誕祭がつつましやかに行われていました。おめでとうございます。

本日の来訪者は10数名。

釜石被災者支援センター 海老原祐治

posted by kamaishibase at 15:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

5月27日

5月27日

ポカポカ陽気どころか暑かった。センターのひんやり感が心地よいぐらい。なので、今日はセンターの玄関を開放し、網戸で外と内をつなぎました。

本日は、午後から上中島仮設で体操プログラムがある日。昨日一日お休みをとった海老原さんは、午前中はセンター2階で事務作業、午後は体操プログラムへ。私は一日センター内で皆さんと談笑。部屋とY…やめとこ…。

午前中は珍しく男性3名が来訪し、将棋対戦。将棋が強いMさんに教えを乞いにやってきたという方は、全敗を覚悟で3番勝負を挑みましたが、やっぱりMさんは強かった。「イエスさまと荻野目洋子と将棋が命」と言うだけあります。

午後は一転して、センター内は「女の園」になり、常連のご婦人方が集って「お茶っこ」。上中島でのプログラムを終えて、一旦センターに戻られた海老原さんをいじくるいじくる!海老原さんもタジタジでした。皆さんの大きな笑い声が網戸を通して外まで響きました。この華やかさと賑やかさを誰が想像できたでしょうか。私が初めて入釜したのは2011年9月ですが、あの時は絶望しか感じられなかったのです。こんな穏やかな風景を見られるなんて、正直、思いもしませんでした。皆さんの心の傷が完全に癒えたわけではありませんが、「時間(とき)」というのは、こんな風に優しく人の心を癒していくのだろうか…と思いました。そして、ふと思い浮かんだ聖句。

「見よ。わたしはこの町の傷をいやして直し、彼らをいやして彼らに平安と真実を豊かに示す」(エレミヤ書33章6節) アーメンです。

今日も、「おばあちゃんが着なくなったから」と、夏用の羽織を持って来てくださった地元の方がいらっしゃいました。感謝。

 

陽が長くなってきましたが、お外はもう真っ暗です。今夜も相性の良いハイエース君と共に帰りましょう。昨夜は、ハイエース君の「回転寿司だと支払金額を考えて食べられるよ」という主張に負け、「かっぱ寿司」でひとり回転寿司をした私ですが、なぜか隣に座っていた女性が私の目の前に積まれた皿を驚いた眼差しで見つめておりました。たかだか10皿なのに。さて、今夜はどういたしましょう。この時間になるとマイヤは弁当が売り切れるのです。海老原さんオススメの「あゆとく」にしましょうか。それとも「ジャンボカップラーメン&おにぎり2個」パターン?うーーーーん、悩みます。

本日の来訪者12名

釜石被災者支援センター 山岡みゆき

posted by kamaishibase at 18:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

5月26日

5月26日

晴天!気温は22℃だったとか。でも、センター内は陽射しが余り入らず、コンクリート造りのせいか結構寒かったです。

本日、センターは午前中お休み、海老原さんは一日お休み。私、山岡は一日事務方作業。部屋とYシャツと私。だから違うって!(スミマセン…)午後からは、地元ボランティアのHさんがセンター留守番を担ってくださいました。3日連続のご奉仕、感謝します。

 

さて、本日の釜石は、日曜日ということもあってかカラオケ会(?)あり、消防団の何ちゃらありで、センター周辺は賑やか。センターに集った方々も、その話題で盛り上がっていました(カラオケ会では一人で5曲熱唱された方もいらっしゃったとか)。私は事務作業をしながら耳をダンボにして話を聞いていたり、時には「休憩」と称して、その話の輪に加わったりして過ごしました。もちろん新しい方々との出会いもあり、「どっから来たのさー」「札幌ですー」という会話が何度となく繰り返されました。

また、地元の方が「し〇む〇で買ったんだけど、着ないから持ってきたわー」と、何着かの衣類を献品してくださり、感謝感謝な一日。地元ボランティアの方々も楽しんで留守番をしてくれているようで、「私はここ(センター)で慰められたから、今度は慰める側になりたい」とおっしゃる方も…。これこそ、「The 助け合い精神」!素晴らしい!

膨大な量のボランティア登録カードを整理していても、こんなに多くの方々がこの釜石の地を訪れてくれたんだなーと思うと、おひとりおひとりのお名前が愛しくてなりません。ありがとうございました。

 

今日、センターでの会話で、最後にこんな会話がありました。「いま悩んでいたって、明日はどうなるかわからないんだもの。『今日を一日精一杯』よねぇ」「そうよねぇ」。

『今日を一日精一杯』、良い言葉です。釜石で流行らないかなぁ、この言葉。

 

さぁ、センター業務を終えて、ハイエース君と共に帰りましょう。昨夜は、工藤商店の「豚ロースかつ定食」を制覇いたしました。今夜の夕食はどうしましょう。ハイエース君は「かっぱ寿司の回転寿司が食べたい」と訴えますが、ひとり回転寿司をする勇気がない私…(日曜の夜だからファミリーばかりだろうし)。MAIYAへ行って悩んでみます。

本日の来訪者 午後だけで9名

釜石被災者支援センター 山岡みゆき

posted by kamaishibase at 18:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。